手打ち蕎麦 新川

横浜本牧の “手打ち蕎麦切り 海望” で修行し、2016年8月に青葉台で “手打ち蕎麦切り 新川” を開店いたしました。

蕎麦は昔、蕎麦がきといって蕎麦粉をそのまま団子状にして食していました。江戸時代になってそれを延ばし切って今の形になったと言われています。蕎麦がきはつなぎを入れないため食べると口の中に蕎麦の香りが広がります。

そんな昔ながらの “蕎麦がき” の香りを “蕎麦切り” でも愉しんでいただきたく、毎朝手打ちする香り高い本格手打ち蕎麦、そして美味しい地酒、旬の素材にこだわった肴をみなさまにご提供していきます。

大切な人との団欒の場として、おひとりでゆっくりと寛ぐ場として、地域の皆さまに愛される蕎麦屋を目指して日々精進いたします。

どうぞ、これからも末長く宜しくお願い申し上げます。

店主 新川裕也

PAGE TOP