さんまのオリーブオイル漬けと秋の日本酒

さんまのオリーブオイル漬けは、今が旬のさんまを軽く酢で〆てからオリーブオイルに漬け、低温で熱し旨味をぎゅっととじこめました。盛り付けの際に生の胡椒の塩漬けをのせており、さんまの美味しさと生の胡椒のフレッシュなはじける風味が相まって、日本酒にも合う一品となっております。

それと一緒に味わう日本酒として、ひやおろしの鳳凰美田は、マスカットを思わせる優しい香りとともに、熟成による丸みのある旨みと甘み、そしてキレも良くバランスの良い仕上がりです。

秋酒の十ロ万は蔵のなかでゆっくりと熟成され、味わいを深めてきました。香り、味わいに深みを増し、程よく熟した果実を思わせる旨さです。大福の皮の甘みをイメージさせる、もち米を使った和三盆様の甘味はロ万の真骨頂です。

さんまと秋の日本酒を味わいに是非 いらしてください。